伊藤 航の写真

伊藤 航(いとう わたる)

field name : ぷっちょ

1988年 山形県高畠町生まれ

高校卒業まで田園風景広がる山形で過ごす。

2008年福島大学人文社会学群人間発達文化学類入学。

大学在学中の2011年3月に東日本大震災を福島で経験。大学内に災害ボランティア団体を設立し、福島県内での復興支援活動に取り組む。

2012年福島大学卒業。

一度は福島県内の企業に就職するものの、家庭の事情などにより退職。

2014年福島大学大学院地域政策科学研究科入学。研究テーマは『災害時におけるボランティアマネジメント』研究に取り組む傍ら、大学時代に引き続き復興支援活動に取り組む。

また、大学院在学中にホールアース自然学校福島校主催の学生アクティブリーダー養成講座を3年間受講。その中で自分の身近なところにある自然の雄大さや自然とふれあうことの楽しさに気づき、それらをより多くの人たちに伝えたいという想いを持つようになる。

その想いを実現させるべく、2017年ホールアース自然学校へ。


得意分野

子どもキャンプ
写真撮影
災害支援活動

保有資格

これから色々と!


なぜインタープリターなのか?

 家から一番近くのコンビニまで車で20分、しかし一番近くの山なら徒歩3分、玄関を開ければ目の前は田んぼという、いわゆる田舎で高校時代までを過ごしました。春には家族・親族総出で田植えをし、秋にはこれまた総出で稲刈り。食卓には父や祖父母が作った野菜が毎日のように並んでいました。そんな自然に恵まれた中での生活も私は“退屈な日常”としか思えず、当時は自然にもアウトドアにも全く興味を持てないまま日々を過ごしていました。
 そんな私が自然に目を向けるようになったのは、大学院時代に福島校が開催している学生AL養成講座を受講してからです。それまで気づきもしなかった自然の不思議さ、面白さ、そしてありがたみを知り、いつの間にか自然の中に飛び込んでいくことが大好きになっていました。そしてそのうちに「かつての自分のように自然のありがたみ、自然とふれあうことの楽しさを知らない人がたくさんいるのではないか」と考えるようになりました。一人でも多くの人に身近な自然の雄大さや自然の中で活動することの楽しさを伝えたい。そんな想いを実現させるためにインタープリターという道を選びました。

伊藤1.jpg伊藤2.jpg伊藤3.jpg