今永正文の写真

今永正文(いまなが まさふみ)

field name : はちゃ

1970年 山形県生まれ

1993年 早稲田大学社会科学部卒業 

大学時代はワンダーフォーゲル部に所属し、北海道や南アルプスの山々を歩き回る。卒業後は河川環境を調査するアセスメント会社の調査バイトを経て、1993年に一般財団法人日本野鳥の会サンクチュアリセンターに入局。横浜自然観察の森に赴任し、レンジャーとして、環境教育やボランティアコーディネートを体験。

本部職員を経由し、娘が生まれたのをきっかけに退職。子育ての場として静岡に引っ越し、2001年NPO法人しずおか環境教育研究会のスタッフとして加入。幼児向け自然体験プログラム「森のちびっこクラブ」の立ち上げや、静岡県の施設「バードピア浜北」や「遊木の森」「榛原ふるさとの森」の基本計画づくりなどに関わる。

2009年に独立し、プロセスコンサルタントWARAKUとして国土緑化推進機構の研修事業や地球環境基金の研修・講座アドバイザーに関わりつつ、家族で中山間地に移住し、地域に移住者を増やす活動などに携わる。

2016年に一般財団法人セブン-イレブン記念財団が主催する「環境NPOリーダー海外研修」の修了者が集う日本環境NPOネットワークの一般社団法人化に関わり、同会事務局長就任。2017年度には、幼児からお年寄りまで幅広く年齢層に向けた環境学習プログラムを年間70回、1,500名に提供しながら、各種研修会・ワークショップの講師や企画運営支援などを行っている。


得意分野・実績

幼児向け自然体験プログラムの企画・運営
川の環境学習プログラムの企画・運営
里山をテーマとした体験プログラムの企画・運営
研修会・ワークショップの企画・運営 会議のファシリテーション、板書(ファシリテーショングラフィック)

著書等

「協働でひろがる森づくコーディネート術」共著(全国林業改良普及協会.2008)
「藁科川散策絵図」製作(村松昭.アトリエ77.2014)
「変わるNPOが日本を変える!」共同編集(Jens-net.2016)

役職・委員等

一般社団法人日本環境NPOネットワーク/事務局長(2016年度~現在)
里山と人を結ぶ会/代表(2017年〜)
しずおかエコビレッジネットワーク/世話人(2018年〜)
独法)環境再生保全機構地球環境基金/研修・講座アドバイザー(2011年度~現在)
国土緑化推進機構・「森林NPO活動指導者育成研修事業」検討委員/関東ブロック担当(2008~2012年度)
静岡県環境影響評価審査会・委員 (2012年~現在)
静岡県森林共生円卓会議・静岡地域/運営委員(2012年度~現在)
静岡市地域づくりアドバイザー
静岡市葵区魅力づくりアドバイザー
大川移住・定住協議会/事務局


なぜインタープリターなのか?

 自然の魅力、地域の魅力、人の魅力を伝えるのは、直接体験が一番♪自分の大好きなフィールドや生きもの、人物を紹介するのってワクワクしませんか?自分が一番自分らしくいられる川や自然の中に、ワクワク・ドキドキ子どもたちと分け入ってみたいなと。
 そんな自然好きが高じて、中山間地に移り住みましたが、そこで暮らす中で出会った地域の方々の自ら物を生み出してくことができる“かっこよさ”と“生きる力”に惹かれながら、それが過疎化の影響で日に日に失われていくことを目の当たりにして、何かお手伝いできないかと。
 これからの日本が迎えることになる過疎化、AI化、異常気象が常態化する中で、人と人とが交わり合いながら、希望をもって、笑顔とやすらぎのある場をみんなと一緒に創造していくこと。
 自分の好きを伝え、共感しあい、里山の価値を伝え、伝承し、そして明るい未来づくりのための手法が、私のインタープリテーションです。

imanaga下1.jpgimanaga下2.jpg