辻 祥悟の写真

辻 祥悟(つじしょうご)

field name : つっち~

1985年 神奈川県川崎市生まれ、横浜育ちの自称"シティボーイ"。
幼少期は自由奔放な両親のもと、自由に野原を駆け回り、たくさんのケガを負いつつも、生き物に触れ、土を感じる貴重な原体験を得た。

学生時代、「日本野鳥の会」のボランティアへ参加したことを機に「森のお兄さん(環境教育)」を仕事にしたいと決意。大学卒業後、志し高く「岐阜県立森林文化アカデミー」へ入学。インタープリターの神髄のいろいろを学ぶ(その過程で、森のようちえんに興味をもつ)。

2009年、縁あって静岡市にある「しずおか環境教育研究会(エコエデュ)」へ就職。幼児環境教育を中心に、行政・企業の受託事業や市民ボランティアのコーディネートを担当。市民団体として大切にすべき魂のすべてをここで学ぶ。

2016年、よりダイナミックなアプローチで社会を変えていきたいと思いを胸に、心機一転ホールアースへ!


得意分野

里山系(竹林、保存食、草木染など)
幼児環境教育(森のようちえん)
笑うこと、人とつながること
地域のお宝発掘!
のら仕事

保有資格

プロジェクトワイルドエデュケーター
自然体験活動指導者(NEALリーダー)
エコインストラクター(環境省)
わな猟免許


なぜインタープリターなのか?

「自然体験ってどうして大切なの?」と聞かれるとどう答えますか?僕の場合は、人が成長する上で「心が揺れ動く体験」が大切だと信じていて、自然体験はそのための手段。 “驚いたり、感動したり、挑戦したり、笑ったり”。そんな体験をいっぱい子ども達に届けたい!自分がインタープリターとして関わることで、一人でも多くの子ども達へ生涯忘れる事のない原体験を、そして“人と人のつながり”を紡ぎたい。だから僕は、生涯インタープリターとして、ここに「白髪になっても職業・森のお兄さん」で居続けることを宣言します!

_IGP1706.jpgDSCF1473.jpgIMG_0299.jpg