お問い合わせ:0544-66-0152

資格取得・学ぶ

資格取得・学ぶトップイメージ
Home > 個人の皆さまへ > 資格取得・学ぶ > 2018年度 学生リーダー養成講座

2018年度 学生リーダー養成講座

社会に新たな価値を生み出す人材を育む12ヶ月

2018年度 学生リーダー養成講座 社会に新たな価値を生み出す人材を育む12ヶ月

必要なのは、ありったけの好奇心と挑戦する勇気!       さあ、自らの世界をひろげよう!

▼学生リーダー養成講座とは?
「自然の魅力の伝え手となったり、自然環境問題の解決を担っていく若い力が必要だ」
「自然やそこに集まる仲間との交流の中で多様な価値観を培い、自ら考え行動できる人材を育てたい」
そんな想いのもとに始まった、未来を担う人材(=学生リーダー)を養成する年間講座です。

▼どんなことをするの?
例えば、実際の自然学校の業務(キャンプサイトのメンテナンスや里山の整備など)をスタッフと共に実施することで、ホールアースが大切にする価値観や考え方を理解したり、
夏のキャンプに実際にスタッフとして参加してもらう中で、子どもたちとの接し方やホールアース流キャンプのつくり方を体感したり。

また、「こんなことを仲間と一緒にできたら嬉しいなあ・・・」「これはぜひここでやってみたい!」という想いを、スタッフや仲間たちと一緒に考えることで実現できることがあるかもしれません。

挑戦と学びの12ヶ月が、あなたを待っています!


【参考】体験できるプログラム例
・自然体験(洞窟探検、キャンプ、カヌー、トレッキング、クライミング等)
・子どもキャンプ、イベントでのボランティアリーダー
・多大なアウトドアスキルの習得
・キャンプ場作り
・食育プログラム(命をいただく)
・里山整備、農業体験
・自主企画プログラムの計画・実施

【活動内容】
○前期:7~8月のホールアース子ども夏キャンプ(遊牧民キャンプ・冒険学校)を目標にキャンプ講習や自然体験を行います。講習内容はテントの建て方、火の起こし方、川の安全管理、子どもとの接し方など、キャンプに必要な様々な技術を学びます。
○後期:後期カリキュラムに関しては、学生たちとの話し合いで作り上げていきます。

※3月には卒業制作として、それまで培ってきたものを活かし、学生リーダー自らがプログラムやイベントを企画し実施を行います。
※前期は夏キャンプへスタッフとして参加するためのトレーニングです。4.5.6.7月の4回のカリキュラムのうち少なくとも2回はご参加下さい。
※希望者には自然学校体験活動リーダー(NEALリーダー)として登録できます。登録費用は自己負担です。お問い合わせください。

▼こんなことを得てほしい&気づいてほしい

【自然の不思議や魅力】
今まで見たこともないようなことや人間の感覚では理解できないようなことが、自然の中では起こります。その一瞬一瞬に自然の不思議さや魅力を垣間見ることができます。
また、自然という非日常的な時間が、徐々に身近なものとなっていく感覚を肌で感じることもできます。
ぜひ五感をフルに研ぎすませて、全身で自然を感じてみてください。

【一歩踏み出す勇気&挑戦する気持ち】
この一年間は、我々ホールアース自然学校と学生のみなさんで共につくる時間です。
「教えてもらいに来る」という姿勢ではなく、「こんなことを学びたい!興味がある!」という意気込みをもって参加してください。
自分が主体的に関われば関わるほど、濃密な時間となるはずです。

【体験することの大切さ】
皆さんの通う学校では、机の上で必要な知識や教養を学ぶ機会が多いと思います。
もちろん、こういったインプットの時間が大切なのは言うまでもありませんが、
それと同じくらい、「体験することによる学び」が大切だとホールアースでは考えています。
五感を使って感じたことは自分の中に強く残り、新たな好奇心を生み出す原点となります。
「考えるよりも、まずはやってみよう!」という意識が、また一回り自分を成長させてくれることでしょう。

▼どんな人が来る?どんな人が合う?
・「社会的企業・自然学校・自然保育・環境教育・地域交流・地域資源・環境系ボランティア」といったキーワードに興味がある人
・「子どもと一緒に遊びたい!自然が大好き!アウトドアスキルを身につけたい!仲間を作りたい!」という想いをもっている人

こんな想いや視点をもった学生たちが主に集まってきています。

ただ、どんな場になるかは、集まってきた学生たちが作り出すもの。
ありったけの好奇心と挑戦する気持ちさえあれば、誰でも参加出来ます!
一人でも、友達でも、カップルでも、なんでもOK!
みんなでかけがえのない一年をつくっていきましょう!

▼こんな人が担当します!
まっつん(松尾章史)が担当します!
千葉出身、家の周りの身近な自然で生きものを追いかける幼少期を過ごしました。
生きものや自然とは全く関係のない会社に一度は就職しましたが、
「自然や生きものと関わる仕事がしたい!自然の素晴らしさや現状の伝え手になりたい!」
と考え思い切って会社を退職、自然のことを学ぶ専門学校に2年間通い、現在に至ります。
自然の中で思いっきり楽しみつつ、学生の皆さんと一緒に学び合う時間をつくっていければと思います!よろしくお願いします!

▼「まずはちょっと話を聞いてみたい&体験してみたいという人は・・・

なんと!現役の学生リーダーたちが、参加を考えている人や話を聞いてみたい人のためにイベントを企画しました!

カモン!!学生ネイチャーキャンプ

日時:2018/3/ 3(土)~2018/3/ 4(日)
対象:専門学校生・大学生(2018年春から新大学1年生も可)
場所:ホールアース自然学校・富士山北麓
料金:学生 2,500円

実際に参加している学生たちから話を聞ける貴重な機会!!
そしてなんと、ホールアース自然学校のスタッフと一緒に洞窟・樹海探検に行くこともできます!!

少しでも気になる方は、お気軽にお問い合わせください!

日程:
2018/4/21(土)
〜2019/3/ 3(日)
料金:
1,500円(食材費として)

基本情報

日程:
2018年4月21日(土)〜2019年3月 3日(日)
料金:
1,500円(食材費として)
場所:
ホールアース自然学校および周辺
集合:
ホールアース自然学校・JR富士宮駅ほか   ※交通手段についてはお問い合わせ下さい
解散:
ホールアース自然学校・JR富士宮駅
対象:
専門学校生・大学生・大学院生
定員:
20名
担当:
松尾章史

集合場所へのアクセス

持ち物

  • 履き慣れた靴
  • 野外で汚れても良い格好
  • 寝袋
  • 防寒着
  • 雨具
  • 軍手
  • ライト
  • 着替え
  • 水筒
  • ※その回ごとに詳細をご連絡します。

スケジュール

4/21-22
体験:自己紹介・施設紹介・学生リーダーについて・アイスブレイク 技術講習:キャンプ場整備コトハジメ(整備に対する考え方・工具の使い方) 講義: 自然学校論~社会問題を解決する手段としての自然学校について~
5/26-27
体験:洞窟探検 技術講習:キャンプ場整備実践・アウトドア技術(テント張り・ロープ・ナイフ講習)・ 家畜動物と向き合う(希望があれば、ヤギと一緒にヤギ小屋で寝てみることも!)
6/23-24
体験:身近な自然体験(ホールアース自然学校内) 技術講習:自然の魅力を伝える方法(プログラム企画・実施)・ アウトドア技術(薪割り・様々な火起こし方法) 講義:リスクマネジメント論~もしもの時に、どのように対処するのか~
7/21-22
体験:川遊び・カヌー・ドラム缶風呂・キャンプファイヤー 技術講習:川清掃・キャンプ場整備・アウトドア技術(野外調理法・野外救急法) 講義:キャンプ論~ホールアース自然学校流キャンプの考え方~
夏休みキャンプ実習
7月後半~8月下旬にかけて、2泊3日から最大13泊14日のキャンプを実践するホールアース自然学校。ここに実際のスタッフとして、前期で学んだ技術を総動員して挑んでもらいます。子どもたちと触れ合う中で、たくさんの気づきや学びを得て下さい。
9/22-23
体験:ふりかえり(前期の活動・キャンプ)・後期についての話し合い 技術講習:キャンプ場メンテナンス
後期
後期カリキュラムに関しては、参加者同士の話し合いで作り上げます。以下に、昨年度までの例を記載します。
10/6-7
野宿:原生林の中にハンモックを張り、一夜を明かす   講義:プログラムデザイン論~思いが伝わるプログラムの作り方~
11/17-18
食育プログラム:「命をいただく」鶏の屠畜、農場体験   食育論~自分たちが食べている物は、一体どこからどうやって来ているのか?~
12/15-16
謝肉祭:ホールアース自然学校の感謝祭「スタッフの立場から見た自然学校」   講義:好きを仕事にするということ。~自然学校という仕事、地域で生きること~
1/5-6
体験:冬こそ作業!キャンプ場整備と竹林or人工林整備   講義:里山再生に向けた取り組み。今求められていることと自然学校が提供できること。
2/2-3
制作:地域の子ども向けプログラムを考える   講義:子どもとの関わり方~ホールアース流子どもとの関わり方~
3/2-3
卒業制作発表、年間のまとめ、修了式
※スケジュールは天候、参加者の体調などにより変更することがあります。ご了承下さい。

※スケジュールは天候、参加者の体調等により変更することがあります。ご了承ください。

学L1.jpg学L2.jpg学L3.jpg学L4.jpg学L5.jpg学L6.jpg学L7.jpg学L8.jpg

プログラム参加をご希望の方は、こちらよりお申し込みください。
ご不明点はお電話でも承ります。(Tel.0544-66-0152)

お申し込み

pageTop