個人の方へ

個人向けプログラム

安心できる居場所
サードプレイス重要性

人と人がどう関わるか

変化のスピードが早い現代社会。家庭や職場、地域などすべてのコミュニティの中で、私たちはこのような新たな時代に適応しようと様々な努力をしています。しかし一人だけでがんばっている孤独感を感じたり、どれだけ働きかけても変化がなくあきらめぎみなど、思うようにうまくいかないことも多くあります。

このような時代でも成果をあげているコミュニティはあり、なかなか前に進むことができないコミュニティも存在します。その違いはなんなのでしょうか? 家庭でも職場でも地域でも、どのようなコミュニティでも人との関わりは欠かせないものですが、私たちは人と人がどう関わるか、人と人がどうつながるかという部分に、大きな可能性があると考えています。

すべての人に安心できる居場所があることが大切です。家庭や職場の中で安心感を感じられれば最高ですが、私たちが研修を通して出会う人と話して感じるのは、現在はそれらが十分に安心できる居場所になっていない人も多いのではないかということです。

続きを読む

主体的な変化

しかし今すぐに家庭や職場の中で実現できなくても、同じ方向を目指す仲間に出会える第3の居場所で、ゆっくりとしかし確実に、まず「私」から変化の方向へと向かっていくこと。
そしてその一人一人の取り組みが、やがて社会全体に安心できる居場所を広げていくことにつながると信じて、私たちは同じ志を持った個人が集まる、学び合う機会を用意しています。今のままではいけない。しかし何をしていいかわからない。そんな思いを抱えた人たちが、集い問い合える場が今こそ必要だと考えています。

今、社会は大きく変わろうとしています。それは単に仕事や企業活動のことだけではありません。これまで強固なつながりであったファーストプレイス(家庭)とセカンドプレイス(職場)が衰退する傾向にあり、同じ価値化や思いを共有できるサードプレイス(家庭・職場以外の第3の居場所)の必要性が高まっています。

集い語り合うことから、主体的な変化は生まれていきます。私たちはそんなつながりあう場を通して、これからの社会における幸せのあり方や自分らしさについて、みなさんとともに模索していきたいと考えています。

Pickup01:ライトプログラム

日帰りで、気軽に参加できるプログラムです。室内で実施する場合も、屋外で実施する場合も、プログラムの特性にあわせて実施します。ここでは「グリーンウッドワーク」を取り上げてみます。
みなさんは身の回りに、自分で手作りしたものはありますか??自分で手作りすると、物に愛着が湧いて、物を大切にする心が育まれます。そして、苦労して出来上がった時には、じわっと喜びが湧き上がってきます。

続きを読む

グリーンウッドワークは生木を使ったクラフト体験です。
クラフトって憧れるけど大変、木って固くて削りづらい、そんな印象を持っている人も多いと思いますが、伐ったばかりの木は生木と呼び、乾燥した木よりも柔らかく、はじめての人でも気軽に取り組めます。
昔から日本でも行われていた生木を使った木工(グリーンウッドワーク)を、体験することで、きっと木が好きになり、手作りの楽しさにはまるはずです。
物づくりをしている瞬間は、その場、その時、今にしっかりと自分の心が存在し、マインドフルな状態になります。

※現在参加可能なプログラムはこちらをご覧ください。

  • ライトプログラムの様子
  • ライトプログラムの様子
  • ライトプログラムの様子
  • ライトプログラムの様子
  • ライトプログラムの様子

Pickup02ネイチャープログラム

カヌーやシャワークライミング、ブッシュクラフトやネイチャーリトリート等、日帰りから2泊3日までの様々な個人向け自然体験プログラムです。フィールドはその時々に変わりますが、共通しているのは非日常の豊かな自然環境の中で穏やかに、時に激しく自然と対峙する中で生まれる気づきや発見を仲間とともに共有すること。山や川、海など様々な自然環境の中で、自分自身とつながることや人とつながることを、「体験」を通して「感じる」場です。

続きを読む

ここでは、「シャワークライミング」を取り上げてみます。
全身で水を感じ、時に水に抗いながら、時に水に流されながら楽しむのがシャワークライミングです。
水は穏やかな表情から、激しい表情まで様々な姿を見せてくれます。それに対峙し、水の表情をどう捉えるのか、それは各自の感性によります。強い水の勢いに向かっていったり、水の流れに流されたり、時に飛び込んだり、様々な遊びや体験を通して、自然を感じて下さい。

そんな自然の中で過ごすことで、頭がクリアになり、心がリフレッシュされ、自分自身や周りの環境への気付きがあります。自然の中にはそんなたくさんの「ギフト」があります。たまには都会の喧騒を離れ、自然の中で過ごしてみませんか?

※現在参加可能なプログラムはこちらをご覧ください。

  • ネイチャープログラムの様子
  • ネイチャープログラムの様子
  • ネイチャープログラムの様子
  • ネイチャープログラムの様子
  • ネイチャープログラムの様子

Pickup03:夜の勉強会

仕事が終わった夜の時間に定期的に開催される勉強会です。自分が所属するチームやコミュニティをよりよくしたい、変えたいという目標を実現するためには、小さくてもいいからはじめの一歩を踏み出すことが大切です。チームやコミュニティに対するアプローチが大きな挑戦になることも多いでしょう。赤ちゃんが新しいことに挑戦し成長していけるのは、自分を守ってくれるセーフベース(安心基地)があるからです。

続きを読む

同じことが大人にも言えます。安心できる居場所と仲間があってはじめて一歩を踏み出す勇気が生まれ、挑戦することができるのです。楽しみながら新しいことに挑戦する仲間と出会える場所、それが夜の勉強会です。テーマは様々ですが、進化する組織になるための、また人と人がつながっていくための様々なテーマをあげながら、語り合い学び合う対話の場です。

<テーマ例>
・組織開発(ホラクラシー、ティール組織)
・自己肯定感の育み方
・子どもと自然体験
・学び合う場のつくり方
・自分らしい生き方
・自然とともにある暮らし

※現在参加可能なプログラムはこちらをご覧ください。

  • 夜の勉強会の様子
  • 夜の勉強会の様子
  • 夜の勉強会の様子
  • 夜の勉強会の様子
  • 夜の勉強会の様子

Pickup04:焚き火ダイアログ

比較的ライトに話をするダイアログからディープなダイアログまで、さまざまな焚き火ダイアログがあります。
ここでは、「立ち止まる時間」を副題にした焚き火ダイアログを紹介します。多くの慌ただしい現代人にとって、自分を振り返る時間を持つことは非常に難しいことです。人よりも早く、人よりも多く、人よりもうまく何かを成し遂げることが求められる現代社会。常にやるべきことに追われ、雑音が多く「本当の自分の声」を聴きとることが難しい社会とも言えます。

続きを読む

そんな社会の中で私たちが歩き続けていくためには、時に立ち止まることが必要です。立ち止まり、雑音の届かない場所に身を置いてあるがままの自分の声に耳を傾ける…。
現代という時代は、そんな立ち止まる時間が誰にとっても必要です。

立ち止まって今ここの自分と向き合うことは、少し勇気がいることでもあります。過去のことを憂い未来のことを心配し、目の前のやるべきことに追われながら、忙しく動き続けるほうが楽という側面もあるでしょう。しかし、自分の内なる声を聴かずにたどり着いたその先は、本当に行きたかった場所ではないかもしれません。自分だけの人生を歩んでいくためには、今ここにとどまり自らの内側からわきあがってくるものに耳を傾けてあげることが必要です。

そういう意味で焚き火は、立ち止まることができる場としておすすめです。日常から少しだけ離れた「身近な非日常」の中で、自分と向き合う時間を持つ。「人とつながる」のスタッフも、日々の業務に流されがちになる忙しい時期に、あえて立ち止まる時間を設けるようにしています。

※現在参加可能なプログラムはこちらをご覧ください。

  • 焚き火ダイアログの様子
  • 焚き火ダイアログの様子
  • 焚き火ダイアログの様子
  • 焚き火ダイアログの様子
  • 焚き火ダイアログの様子

開催スケジュール

グリーンウッドワークで匙る一日 ~森との対話から始めるスプーン作り~

今話題のグリーンウッドワークで、伐採から加工まで、自分の手で、自分だけのオリジナルスプーンを作ります。場所はキッコリータウンぐーるりの森、大人が子供に戻れるステキな場所です。
10月19日(土)9:30~16:00

 

新潟トークベース 「幸せな生き方を模索して生きる」

『新潟トークベース』は月に一度開催の対話の場。新潟につながる人がスピーカーとなり、スピーカーの問いをテーマに対話を深める場です。お気軽にご参加ください。
9月24日(火)18:30~20:30

アドベンチャー・ダイアログ~シャワークライミングin五頭

アドベンチャー・ダイアログは新潟の大自然の中でのダイナミックな自然体験活動とダイアログ(対話)を組み合わせた大人向けワークショップです。自然体験活動のプロでもある「人とつながる」が送る特別な体験です。     9月1日(日)11:00~16:00

 

 

アクティブ・ブック・ダイアローグ@新潟~LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略~

アクティブ・ブック・ダイアローグは対話型の読書ワークショップであり、従来の読書会とは違った、参加型の読書手法です。
ぜひ、1つの本を起点として、対話を楽しみましょう。
8月25日(日)10:00~16:30

新潟トークベース~物語りと対話の時間~「わたしの身体に目を向ける」

『新潟トークベース』は、テーマに興味がある人はもちろん、テーマに興味がないからこそ、自分自身の「幅」を広げるチャンスにもなる対話の場です。お気軽にご参加ください。         8月23日(金)18:00~20:00

よくあるご質問

個人編

参加にあたって、どのような手続きが必要でしょうか。
参加するプログラムを決めて、こちらよりお申し込みください。
担当者より、集合場所や時間、当日の準備物、お支払い方法などの概要をご案内いたします。
食物などのアレルギーや、持病があるのですが、参加は可能ですか。
ご参加前に、アレルギーの食品について、お申し付けください。配慮の上、メニューを変更いたします。

まずは、ご相談ください

個人向けプログラムに関するご質問・ご相談はこちらから。
人とつながるでは、自分自身との対話の場をサポートする個人向けセッションも提供しています。それぞれの方の状況に合わせ、ご希望の日時を調整し、場所も室内ルームから自然の中まで相談しながら決定しますので、まずはお問合せください。